ムクナの効果について

精力剤でED対策

ムクナの効果について

精力剤の成分として余り有名ではありませんが
ムクナは実はさりげなく色んな精力剤に含有されているのが特徴的です。
ムクナというのはインド原産のマメ科の植物になります。

医学的にも評価が高いのがムクナ。
インドのかんぽ医学ともいえる
アーユルベーダ医療において最も代表的な生薬です。

ムクナの効果効能は様々で
特に精力増進と神経系への効果はべらぼうに高いので
精力剤の成分では世界的に注目を浴びていました。

ムクナがどうしてそこまで有名になったのかと言うと
ムクナに含まれるLドーパが催淫効果を持っているからだと言われています。

Lドーパにはテストテロンを活性化する働きがあると言われています。
このテストテロンというものは
ドーパミンんという興奮物質を分泌させて男の性欲に深く関わるホルモンです。

ですのでこのホルモンが活性化される事で
性的興奮は高まり
勃起もおきやすくなるという事です。
ドーパミンは加齢とともに減少していきます。
30代でピークを迎え40代で急激に減少していってしまいます。
加齢による性欲減退には
Lドーパのたっぷり含まれたムクナを摂取していく事をお勧めします。

Lドーパはパーキンソン病にも効果があると言われています。
パーキンソン病はドーパミンの分泌が減少し、脳から指令が伝わりにくくなる事です。
Lドーパでその現象したドーパミン分泌を促す事ができます。

copyright(C)精力剤でED対策